アウラサロンコンサート2019
<イタリア 新たな波>シリーズ第三弾
Eugenio Della Chiara   Guitar Concert
チケットご購入はこちらから
エウジェーニオ・デッラ・キアラ ソロ・ギターコンサート
日時:2019年1月20日(日) 開場14:30 開演15:00
会場:ギターショップアウラ 第一試奏室
チケット料金:3,000円(税込) 定員:25名
お問い合わせ:
ギターショップアウラ
Tel 03-3876-7207
Email:info@guitarshop.jp

新たな才能の躍進が近年特に目覚ましい、イタリアの若きギタリスト達を紹介するシリーズ「イタリア<新しい波>」の第3弾!
アドリア海に面したペーザロに生まれ、作曲家ロッシーニ生誕の地でもあるこの街に溢れる歌を音楽の糧としてきた彼の音楽は、まさに西洋古典音楽の正統的な表現を聴かせてくれます。音色にはギターならではの詩情が漂い、旋律は常に歌に満ち、作曲家の意図を十全に汲み取って楽曲の持つ深い表情を引き出す演奏は、ソロだけでなく声楽とのコラボレーションや室内楽の分野でも高い評価を得ています。

2018年には大手クラシックレーベルのDeccaよりデビュー。その1stアルバムはハイドン、モーツァルト、ベートーベンの楽曲をソロギター用に編曲した内容で、彼の古典音楽への愛着の深さと矜持を感じさせるものでした。

今回初来日となる彼のコンサートでは、そのハイドン、モーツァルトの楽曲と、故郷イタリアを代表する二人の作曲家スカルラッティとパガニーニ、そしてキアラ氏に献呈された現代音楽まで、実に親しみやすくかつ意欲的なプログラムでお送りします。ぜひこの機会をお聴き逃しなく!

Profile プロフィール

1990年イタリア、ペーザロ生まれ。8歳よりギターを始める。 Piero Bonaguri、Andrea Dieci らに師事。2010年同地のロッシーニ・コンセルヴァトワールを最優秀の成績で卒業。また人文科学にも造詣が深く、ミラノのサクロ・クオーレ・カトリック大学で西洋古典学を学んだ他、現代哲学の修士号も取得。同じペーザロ生まれの作曲家ロッシーニへの深い愛着もあり、声楽との共演もしばしば行うほか、弦楽器やピアノとの室内楽プログラムにも積極的に参加。深い教養と音楽的素養を土台とした彼の演奏は主に古典派ロマン派の作曲家達のレパートリーで好評を博しているが、同時にCarlo Galante、Davide Anzaghi、Paolo Ugoletti ら現代作曲家の作品も意欲的にプログラムに取り入れ、また彼らに曲を献呈されてもいる。

Phoenix ClassicsとDiscanticaレーベルから3枚のCDをリリースしたあと、2018年より英DECCAレコードの契約アーティストとなり、同レーベルでの1stCD  ‘Guitarra Classica’  をリリース。ハイドン、モーツァルト、ベートーベンの楽曲をギター用に編曲した内容と演奏は、彼の古典派への深い造詣と矜持の証左となるものとして高い評価を得ています。その後ヴァイオリニストPiercarlo Saccoとの共演によるライブEP‘Paganini Live’を続けてリリースし、ここでは彼の室内楽の分野での卓越した演奏を聴くことができます。現在はイタリア国内各地でのリサイタルのほか、ウィーン、イスタンブール、北欧各国などで精力的に演奏活動を展開。2019年1月が日本への初来日。

チケットご購入はこちらから

<当日予定プログラム>
Affetti and Belcanto ~A century of Italian and Europian music~

●ドメニコ・スカルラッティ<1685~1757>
・ソナタ イ長調 K.208(A.Dieci 編)
・ソナタ ホ長調 K.380(J.ウィリアムス編)
・ソナタ イ短調 K.175(A.Dieci 編)

●フランツ・ヨーゼフ・ハイドン <1732~1809>
・メヌエット(アレグレット) ~交響曲第96番より~ (A.セゴビア編)
・ラルゴ・アッサイ ~弦楽四重奏曲Op.74 第3番より~ (A.セゴビア編)

●ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルト <1756~1791>
・アンダンテ・カンタービレ ~ソナタK330より~(M.リョベート編)
・メヌエット(アレグレット)~弦楽五重奏曲第五番 K.593より~(F.タレガ編)

Intermission 休憩

●ニコロ・パガニーニ <1782~1840>
・グランド・ソナタ イ長調 MS3

●カルロ・ガランテ <1959~>
・ヨーゼフ・ハイドンのカメオ(メヌエット形式による)~エウジェーニオ・デッラ・キアラに捧ぐ~

●フェルナンド・ソル <1778~1839>
・モーツアルトの魔笛の主題による序奏と変奏 Op.9

※曲目は変更になることがございます。予めご了承ください。