お問合せフォーム

楽器や新商品についてのお問合せ 修理や試奏のためのご来店予約 委託販売のお問合せ 下取りや買取りのご希望  等のお問合せのフォームへのリンクボタンです。ご活用下さい。

linebar1、  新着楽器と入荷予定のご案内linebar

国産クラシック 新作

アルベルト・ネジメ アウラオリジナルモデル 90号 650mm 松・中南米ローズ

スペイン的な正統性を感じさせるとともに、氏の独自の個性が楽器の隅々にまでゆきわたり、その類まれな完成度の高さにおいて、邦人製作家のレベルが国際的な水準にまですでに達していることを如実に体感できる一本です。
音色の濃密さと艶やかさ、力強い響き、鳴らすだけで音楽的な密度を感じさせるギターとしての表現力など、スペインという本場だけが持つ伝統の深さを、存分に吸収してきた氏ならではの至芸といえるでしょう。良質なギターがしばしばそうであるように、奏者にはタッチの繊細なコントロールが要求されるギターですが、演奏性に関しては日本人にとって非常に弾きやすく、ストレスなく弾ける感触に仕上がっています。

 

栗山大輔 サントスモデル 2018年 650mm 松・ローズ

トーレスからマヌエル・ラミレスへと継承されるスペインギターの、つまりはクラシックギターの正統への傾倒を隠すことなく自身のモデルラインナップで提示してきた製作家の、期待にたがわぬ素晴らしいサントス・エルナンデスモデルです。表面的な模倣を自らに禁ずることができる彼が、稀代の名工の創り上げた音色の本質に肉薄した1本と言えます。慎ましく、しかし十分にロマンティックで、雑味を排した抜けの良い重厚な響きは、これぞギターと言いたくなるほどの出来。クラシック、フラメンコともに様々なブレイシングパターンでオリジナルのサントスは製作されておりましたが、本作で採用されているのは7本の扇状力木で、胴底にハの字型の力木を配置しないタイプのもの。


佐久間悟 ブーシェモデル 70号  650mm 松・ローズ

角の取れた柔らかな木質の響きが特徴の彼のギターにとって、ロベール・ブーシェ的音響は親和性があるようです。明朗で分離の良さが際立っていますが、今回同時入荷のロマニリョスモデルと比較すると、中低音~低音により奥行きと膨らみがあり、それゆえ全体にまろやかさを感じさせます。発音の反応の良さが演奏時の右手のストレスを軽減するとともに、左手は握りやすいネックが嬉しいところ。

佐久間悟 ロマニリョスモデル  80号  650mm 松・ローズ

プロ、アマ問わず近年その新作がますますの注目を集める中堅。スペインでのロマニリョス主宰の講習会に参加し、多くの示唆を与えられたのち、常にあるべき音響の探求を続けています。本作はいまでは彼の定番となっているロマニリョスモデル。オリジナルの透徹した響きをしっかりと見極めながらも、本作の魅力は木質の素朴ともいえる明朗な音色と、演奏する指に吸いつくように発音する、その粘りと各音の分離の良さでしょう。軽めのボディは十全に鳴り、左手の演奏性の高さもと特筆すべき一本。待望の新作です。

国産クラシック新作入荷予定

箭内ショウイチ 30号 シンプリシオモデル 松・ローズ

フランシスコ・シンプリシオという20世紀前半のギター史において忘れがたい名前は、今でも多くの製作家たちのインスピレーションとなっています。完全ハンドメイドの味わい深い楽器で好評の若手製作家。

国産フラメンコ新作入荷予定

ネジメ・マリン 60号 松・シープレス

昨年グラナダの製作コンクールで入賞を果たした俊秀の、自身としても珍しいフラメンコモデル新作。クラシック仕様のオリジナルモデルに加え、慧眼すべきダニエル・フレドリッシュモデルなど、音響と造作において独特の個性を放つギターはプロアマ問わず高い評価を得ています。フラメンコユーザーもうならせる注目の新作、近日いよいよ入荷です。

 

輸入クラシック オールド

イグナシオ・フレタI世 No.189 1960年 松・ローズ
 

フレタ1世(1897~1977)作による大変に状態の良い一本が入荷致しました。このブランドを愛用した、または現在も愛用し続けている数々の名手たちの名を挙げるまでもなく、20世紀後半以降を代表する銘器の一つとして、いまも不動の人気を誇っています。もともとはフランスの弦楽器工房でチェロなどのヴァイオリン属の製作に従事していましたが、名手セゴビアの演奏に触れたことがギター製作への転向にきっかけになりました。そんな経歴からか、いわゆるトーレスから続く現代のスペインギターの伝統とは若干異質な個性を持ちながら、その異様なまでの深い表現力と、豊かな響きゆえに、ジョン・ウィリアムスなどの世界最高レベルの名手たちに注目されていたことはファンの間ではおなじみの話でしょう。

本作はまさにその伝説的な時期の真っただ中の1960年製。音量豊かなギターの代名詞的存在ですが、実は十全に響かせるにはしかるべきタッチの習熟を要求される楽器でもあります。この時期のものとしては割れもなく、大変に良好な状態。

輸入フラメンコ オールド

J・ベルサール・ガルシア No.1 1968年 660mm 松・シープレス

スペイン、マドリッドの製作家ベレサール・ガルシア(1920~1986)の名は、特にスパニッシュギターをこよなく愛するギタリストにとっては今もって特別な感慨と共に思い起こされることでしょう。エルナンデス・イ・アグアドのエルナンデスの娘と結婚し、結果それがきっかけとなり、この二人の名工のもと46歳でギター製作を始めることになります。2年後の48歳で独立しますが、それに先立ち作り上げた第一号が本器になります。もともとプロのフラメンコギタリストとして活躍していたこともあるベレサールは、この記念すべき最初の一本を自身のために製作したようです。フラメンコ仕様ですが、響きは凛として気品があり、音色は適度な艶をたたえ、クラシックとしても十分に使用できる表現力を備えています。生涯製作本数わずか83本という数字と、この誠実な製作家の楽器に込めた真摯な思いゆえに、その一本一本が現在も特別な光彩を放つ、文字通り稀有なブランド。貴重な入荷です。

 TOPへ戻る

linebar2. 3月の特別提供品とパスワードlinebar

提供品を購入する為の今月のパスワードは次の通りとなります。

3月の特別提供品とパスワード
marzo
(上記の文字をコピーして貼り付ける方法が簡単ですが、手打ちの場合は半角英数でご記入ください。)
 
 
 

linebar3、 3月17日開催!栗田和樹サロンコンサートレポート linebar

アウラ音楽院講師としても活躍する栗田和樹を迎え、栗田自身が日頃から愛奏する古銘器 ホアン・ガランと尾野薫 ブーシェモデルの2本を使っての演奏。

異なる個性の楽器の中に何か通じ合うものを感じて頂ける様にと企画したこの催しはお蔭様で完売。

スペイン伝統工法の楽器オーダーを考えているお客様にとっても、参考になるであろうこのコンサートのレポートを動画でお楽しみ下さい。

linebar4、 新入荷、再入荷のご案内 linebar

linebar5 リペア・メンテナンスの日程とご利用案内linebar

TOPへ戻る

 

linebar

GUITARSHOPAURA CONTENS

ギターサロンでただいま連載中!
アルベルト・ネジメ 珠玉のエッセイ

スペイン伝統工法での製作は、多くても年間10本の作品しか作ることが出来ません。
丁寧に、時間を掛けて、一切の妥協を廃して作られた「本物」をお届けいたします。
また、現在入手不可能な海外有名製作家から譲り受けた極上材を使用してのプレミアムオーダーも承っております。

アントニオ・マリン、ホセ・ルイス・ロマニリョス、アルカンヘル・フェルナンデスから伝えられたスペイン伝統工法で製作致します。
お気軽にお問い合わせ下さい。

TOPへ戻る

 

お気軽にお問い合わせください。03-3876-7207受付時間 11:00-19:00 [ 毎水曜日除く ]